仕事について

自分で仕事をしようとするからいけない。

客観的に感じたことを部下に命令するようにする。

その命令を受けた人間が自分。

それが客観的に仕事をするということだ。